このエントリーをはてなブックマークに追加

海外出張費は全て経費でいいですか・・?

当社はこのたび海外の会社と取引をはじめたため、今後従業員の海外渡航が増えると思われます。
このような海外渡航の費用で気をつける点などはありますか?

業務の遂行上必要か?渡航のために通常必要と認められる金額か?ということがポイントです。

法人が海外渡航に際して支給する旅費等については、税務上、その海外渡航が法人の業務の遂行上必要であるかどうか、その支給する費用が通常必要と認められる金額の範囲内であるかどうかによって、損金算入となるかどうかを判断することとされています。
海外渡航の費用を、法人が業務上必要でない場合に支給すれば、その者に対する給与(賞与)として取り扱われます。
また、法人の業務上必要であっても、その渡航費が通常必要と認められる金額を超えていれば、これもその者に対する給与(賞与)となりますので、注意が必要です。

若きプロ集団が熱血サポート!無料相談受付中!
ページトップへ