土日も対応!平日21時まで無料相談受付中!

建設業全29業種完全対応!

建設業29業種とは >>

建設業許可申請の料金表

A社 ベンチャーサポート
法務費用(A) 90,000円 90,000円
許可申請の代行報酬(B) 130,000円 85,000円
トータル費用(A+B) 220,000円 175,000円
申請までの期間 約2週間 最短4日
取得できなかった場合 費用発生 費用なし
【料金のご説明】
建設業許可申請は、都道府県に対して支払う法定費用として9万円が必ず発生します。
一般的な行政書士報酬は13万円程度で、弊社では 報酬8万5千円でお受けさせていただいております。
また初回打合せから申請までの日数も 最短4日で可能ですので、お急ぎの方も万全です。
万が一、申請作業を開始したのち、 建設業許可が取得できなかった場合、手数料は頂戴しません

電話での無料相談も好評実施中!

電話で回答可能な質問例

  • 建設業許可を申請するために必要な書類は?
  • 総額でいくらかかるの?
  • どれくらいの期間で取得できるの?
  • 経営管理業務の責任者がいないんだけど方法はあるの?
  • 28業種の区分のどれに該当するの?

お問い合わせ・ご相談は、まず下記フリーダイヤルへ

0120-74-2244 無料相談・即日対応可!繋がりづらい際は03-5904-8634迄

お申し込みからの流れ

  1. お電話でのお問い合わせ

    まずはお電話(0120-74-2244)にて、ご相談の日時をご予約下さい。
    ご相談は、お客様の会社や最寄り駅喫茶店などへの出張も承っております。

  2. お手続きに関するご相談・お打合せ

    建設業の許可について、お客さまの状況やご希望をお伺いいたします。
    あわせて、業務の内容や料金につきましても、詳しくご説明いたします。

  3. 料金のお振込み

    料金は、原則前払いとさせていただいております。
    当事務所指定の口座まで、必要な料金のお振り込みをお願いいたします。

  4. 書類収集や申請書などの作成

    各役所や法務局などで、必要書類の収集を行います。
    収集した書類をもとに、申請書などの書類を作成します。

  5. 申請書類のご確認と押印

    申請書等が出来上がり次第、必要箇所に押印していただきます。
    お客さまの側でご用意いただいた書類などは、ここでお預かりいたします。

  6. 行政窓口への申請

    押印いただいた書類を行政の建設業務担当課に申請いたします。
    審査期間は知事で概ね1か月、大臣で3~4か月程度です。

  7. 行政庁の審査完了後、許可証の交付

最短4日

(通常で1週間程度)

交通アクセス(池袋・渋谷・新宿・横浜)

平日は21時まで、土日も営業。ビル内または近くに駐車場あり!現場帰りにお越しください。

【池袋オフィス】

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-21-7 住友不動産池袋西口ビル9F
TEL:03-5904-8634

【渋谷オフィス】

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目15番21号 ポーラ渋谷ビル8階
TEL:03-6861-3582

【新宿オフィス】

〒163-0510 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル10階
TEL:03-6388-0811

【横浜オフィス】

〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島二丁目19番12号 スカイビル26階
TEL:045-440-0771

お役立ち情報はこちら!!

建設業許可のスケジュール

建設業許可ってどうやって取得するの?
↓建設業許可の流れが完璧にわかる建設業許可のパーフェクトサポートはこちらから↓

建設業許可のスケジュール

無料相談(要件診断)  お客様ベンチャーサポート

無料相談

まずは、お客様のご希望を聞かせてください。許可を取得するための要件を満たしているか、また過去の経験を証明するためにどんな書類が必要になるかなど、ベンチャーサポートが無料で診断いたします。

矢印

必要書類・確認資料の収集、準備  お客様ベンチャーサポート

必要書類・確認資料の収集、準備

お客様には、無料相談の際にご案内させていただく証明資料の収集、準備をしていただきます。
(例:工事請負契約書、注文書、資格証など)その他、代理で取得できる書類は、すべて当事務所で取得いたします。

矢印

建設業許可申請書の作成  ベンチャーサポート

建設業許可申請書の作成

診断内容と事前にお預かりした証明資料をもとに、当事務所が許可申請書類一式を作成します。

矢印

建設業許可申請書の確認・押印  お客様ベンチャーサポート

建設業許可申請書の確認・押印

お客様には、許可申請書類一式が出来上がり次第、内容をご確認の上、必要箇所に押印していただきます。

矢印

建設業許可申請(窓口審査)  ベンチャーサポート

建設業許可申請(窓口審査)

当事務所が、本店所在地を管轄する都道府県建設業課へ申請いたします。
建設業課の窓口審査では、許可要件の該当性、申請書の記載内容・証明資料の不備等について、細かくチェックされます。

矢印

本審査

本審査

窓口審査通過後、申請内容にについて、さらに詳細を審査されます。
審査期間は、知事許可は約30日、大臣許可は約90日かかります。

矢印

建設業許可の取得  お客様ベンチャーサポート

会計業務立上

審査が完了した後、建設業許可通知書がお客様宛に郵送されてまいります。
建設業許可通知書がお手元に届き次第、建設業許可業者としての営業活動が可能となります!

助成金は逃しません!

起業の仕方によって国から助成金がもらえるのをご存知ですか?
↓助成金を取り逃がさないための助成金パーフェクトサポートはこちら↓

絶対得する会社設立の助成金は私たちにお任せ下さい!

助成金は様々な種類があり、ご自分で調べるのは大変です。
助成金申請には何が必要なのか?どこで手続きするのか?助成金の申請書類をどうやって書くのか?等など、
助成金申請に関するお客様の疑問やお悩みをベンチャーサポートが解消します。
ベンチャーサポート税理士法人では、あなたが該当する助成金をお調べして申請を代行させていただきます!

※ 費用は助成金により異なります。(都度お見積り)

お問い合わせはこちら

助成金フローチャート

トライアル(試行)雇用奨励金

特定就職困難者雇用開発助成金

被災者雇用開発助成金

派遣労働者雇用安定化特別奨励金

均衡待遇・正社員化推進奨励金 (正社員転換)

均衡待遇・正社員化推進奨励金 (短時間正社員)

中小企業定年引上げ等奨励金

両立支援助成金

介護労働環境向上奨励金

銀行融資にはコツがある!

起業直後でも融資を受けられることがあります。
↓はじめての融資を勝ち取るためのノウハウはこちらから↓

創業時の融資を応援します!500社を超える融資相談・仲介実績を誇るスタッフが、創業時の資金調達を強力にバックアップします。/誰に相談すればいいの?/どこに申し込めばいいの?/保証人や担保は必要?/信用や実績のない私でも大丈夫?

教えて!融資のキホン(資金調達) 融資申請の流れ(資金調達) 融資申請の条件(資金調達) 創業融資成功事例(資金調達)
当社創業融資実績(設立3年以内)
業種 資本金 平均月商 従業員数 融資額
設計・デザイン 300万円 150万円 1名 300万円
繊維卸売 100万円 250万円 4名 400万円
学習塾 300万円 400万円 6名 600万円
ホームページ制作 100万円 350万円 5名 800万円
インターネット通販 1,000万円 1,500万円 12名 2,500万円

ベンチャーサポートの創業融資ノウハウ(資金調達)

メリット01:融資に強い会社設立(資金調達)

融資申請を有利に運ぶ鍵は設立にあった!


詳細はこちら
メリット02:事業計画書のポイント(資金調達)

経営者のセンスが試される「事業計画書」とは?

詳細はこちら
メリット03:融資に強い決算書(資金調達)

思わず銀行が貸したくなるのは、こんな決算書!


詳細はこちら
メリット04:貴社だけの銀行ソムリエ(資金調達)

会社の成長ステージに合った銀行をご紹介します!


詳細はこちら

 

最新金融情報(資金調達)

資金調達・資金操り/よくあるご質問

 

選ばれ続ける圧倒的な実績

疑問点

私達が徹底的にサポートします

ベンチャーサポートの想い

建設業許可は年間実績128件以上の当事務所にお任せ

3月限定キャンペーン!業界最安手数料の建築業許可申請95,000で丸投げ代行!

お問い合わせ・ご相談は、まず下記のフリーダイヤルへ

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
複数選択可





氏名必須
全角 例)本間剛
住所(事務所 又はご自宅)必須
郵便番号
郵便番号を入力すると、都道府県名・住所が自動的に設定されます。
角・全角、ハイフンありなし、どれでも入力可能です。
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
Eメール必須
半角 (例 : taro@venture-support.jp)

プライバシーポリシーはこちら クッキーポリシーはこちら