このエントリーをはてなブックマークに追加

応接セットは資産か?経費か?

当社は会議室の応接セットを新しいものに買い換えました。テーブルと椅子で60万円ほどしましたが、別々に購入すればどれも30万円未満です。この場合は、すべて損金処理できますか?

一時の損金とすることは認められず、耐用年数8年で減価償却しなければなりません。

ご存知のように、取得価額が30万円未満のものはその支出時に損金とすることが認められています。
取得価額が30万円未満であるかどうかは、通常機械なら1台ごと、備品なら1個、1組、1そろいごとに判定します。
ご質問の場合の応接セットは、通常テーブルと椅子が1組で取引されるものですので、その取得価額は60万円となり、一時の損金にはなりません。

またよくご質問のあるカーテンは1部屋ごとの取得価額で判定します。

若きプロ集団が熱血サポート!無料相談受付中!
ページトップへ