合同会社と株式会社の違い

無料相談 0120-625-990 9:00 ~ 21:00(年中無休) WEBお問い合わせ
MENU
会社設立TOP  >  合同会社設立は超かんたん!何も知らないド素人でもあっさり起業できる合同会社設立手続とは? >  合同会社と株式会社の違い

合同会社と株式会社の違い

合同会社と株式会社の違いは、1 設立手続きと、2 内部組織のルールの2点が挙げられます。

以下ではこの2点について簡単に解説させていただきます。

1 設立手続きの違い

ごく簡単にいうと、株式会社よりも合同会社の方が設立手続きが簡単で、費用が安く済むという特徴があります。

合同会社は定款認証が必要ない

具体的には、株式会社の場合には公証役場という役所で行う「定款認証」という手続きが必要であるのに対して、合同会社には必要ありません。

定款認証というのは、会社の根本ルールである定款の内容が法律に合致しているかどうかをチェックする手続きです(経験のない人が設立手続きを行なった場合、ここで何度も手続きをやり直し…ということになるケースは珍しくありません)。

合同会社は設立費用が安い

設立にかかる費用についても合同会社の方が株式会社よりも安くすみます。

設立にかかる費用としては定款認証の手数料と、登録免許税(登記の費用)がメインになりますが、合同会社の場合には定款認証手数料が必要なく、登録免許税も株式会社に比べて9万円ほど安いというメリットがあります。

定款認証手数料:株式会社は5万円、合同会社は0円
登録免許税:株式会社は15万円、合同会社は6万円

2 内部組織の違い

ざっくりと単純化していうと、法律上は「株式会社=大きな組織、合同会社=小さな組織」というイメージでルールが作られています(実際には株式会社でも小さな会社はたくさんありますが)。

そのため、内部組織の運営方法についても合同会社は株式会社に比べて柔軟に組織設計を行うことができるようになっているのです。

具体的には、株式会社では複数の役員で構成する「取締役会」を設置したい場合には、監査役を置かなくてはならないなどの細かいルールがありますが、合同会社ではこれらのルールに縛られることなく柔軟に組織運営の方法を定めることが可能になります。

株式会社は合同会社に比べて社会的な認知度や信頼性が高いというメリットがありますが、少数のメンバーで運営している事業の場合は、本来は合同会社を選択するのが望ましいと言えるでしょう。

参考
合同会社設立は超かんたん!?麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?
>>合同会社設立は超かんたん!麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?
このエントリーをはてなブックマークに追加

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。
無料相談の3割から4割の方は相談のみです。
お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

ご相談内容[必須]
氏名[必須]
ご住所[必須]
お電話番号[必須]
Eメール[必須]

送信内容を確認したらチェックを入れてください。

見積もりはこちら
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ページの先頭へ戻る