合同会社の特徴

合同会社は、開業資金を節約したいスタートアップ企業(開業まもない事業者)や、同族的な組織運営を行いたいオーナー経営者の方が選択しやすいかたちといえます。

合同会社の特徴として、以下のような点があります。

合同会社は設立費用が安い

まず、株式会社に比べると設立のための費用が安く済むことが挙げられます。

株式会社の設立にかかる費用は20万円程度なのに対して、合同会社の設立費用は10万円以内であることが一般的です。

合同会社はランニングコストが安い

株式会社の場合、数年ごとに役員の選任を行なって法務局に登記しなければならないという義務があります。

法務局で登記を行うためには専門家への依頼料や登録免許税という形で数万円程度のコストが発生することになりますが、合同会社では役員の任期がありませんから、このコストもかからないことになります。

合同会社は配当が柔軟に行える

株式会社は、出資した金額に応じて平等に発行される株式数に応じて配当金額を計算しなくてはなりません。

簡単にいうとたくさんの金額を出資した人にはたくさんの配当が、少ない出資しかしていない人は少ない配当しか得られないという形になります。

一方で、合同会社の場合は出資した金額にかかわらず配当を行う金額を決定することができます。

これを活用すれば、オーナー経営者で出資金以外にも業務で会社に貢献している人などに配当金を柔軟に与えることが可能になります。

合同会社は株式会社に比べて認知度が低い

合同会社は2006年に始まったばかりの制度ですから、株式会社に比べてまだまだ認知度は高いとはいえません。

有名な会社が合同会社形態を選択し始めていることもあって知名度は上がりつつありますが、普段からビジネスに接していない人からすると「合同会社ってなに?」という程度の認識である可能性もあります。

合同会社は良くも悪くもオーナーの権限が強い

合同会社は良くも悪くも「オーナー企業」という側面が強いです。

良い面としては意思決定プロセスや組織運営の仕組みがシンプルで、重要な問題であってもスピーディに対処できるという点が挙げられます。

具体的には定款で会社のルールについて自由に定めることができますから、その会社や業界の状況に合わせて組織運営を行うことができます。

一方で、オーナー企業は会社と経営者個人の資金管理が混同されがちであるというデメリットもあります。

このことは金融機関の融資を受ける際などに不利に働く可能性もあります。

参考
合同会社設立は超かんたん!?麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?
>>合同会社設立は超かんたん!麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?