合同会社の略は?

株式会社(株)と略して表記するのと同じように、合同会社は(同)と表記します。

例えば、正式名称が「合同会社ABC」である場合には、「(同)ABC」と表記することができます。

間違えやすいのが(合)としてしまうケースです。

こちらは合同会社ではなく「合名会社」という全く違う種類の組織の略称ですから、注意しておかなくてはなりません。

合名会社というのは「会社の債務について出資者がすべて責任を負う」という建前の会社になりますから、合同会社とは責任の範囲が大きく異なり、取引先などが見たときに誤解を与えてしまう可能性があります。

合同会社は「有限責任会社」に分類される会社形態で、会社の出資者は出資した範囲においてだけ責任を負う(会社のその他の債務については支払い義務を負わない)というルールになっています。

銀行送金を行う時の略称

銀行送金を行うときには、振込名義人はカタカナで表記する必要があります。

この場合には、合同会社では「ド)」で表記すれば問題ありません。

ただし、会社の種類を表す表記の位置によって、以下のように使い分ける必要がありますので注意しましょう。

  • 「合同会社ABC」である場合:「ド)」
  • 「ABC合同会社」である場合:「(ド」
参考
合同会社設立は超かんたん!?麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?
>>合同会社設立は超かんたん!麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?