会社設立で成功する役員構成

会社設立で成功する役員構成

会社設立で成功する役員構成

役員と一般社員の違い

>役員と一般社員の違い” title=”役員と一般社員の違い” height=”427″ width=”640″ /></p>
<p>会社設立に際し、日本の会社法で役員を選出することが決められています。</p>
<p>役員とは、取締役、会計参与、そして監査役を指し、会社の経営方針を立て、方針に合わせた組織を作り、実際の業務を実行することに対して責任を持っています。<br />
そのため、会社が円滑に運営され、業務が遂行されているかのチェックを行うのも、役員の役割です。</p>
<p>一方、社員は給料をもらって、その会社の一員として働く従業員を指しています。<br />
ですので、社長や専務も社員です。<br />
「社長」「専務」といった名前は役職名であり、役員とは異なります。<br />
ただし、日本では代表取締役が社長を兼務していることが多いので、社長が役員だという誤解を招いているようです。</p>
<p>社長と社員の違いは、雇用形態が1番大きいでしょう。<br />
社員は会社との間で雇用契約を結びますが、役員は、任用契約を結んでいます。<br />
そのため、役員は労働基準法で定めるところの労働者に該当せず、雇用保険の対象にも、労災保険の適用を受けることにもなりません。</p>
<h2 id=取締役の人数に制限はある?

取締役の人数に制限はある?

会社の役員は、取締役、会計参与、監査役の3人が必要ですから、最小の会社構成は3名ということになります。
この場合は、取締役1名になります。

ですが、上場企業の場合は、上場の基準から必ず公開会社であることから取締役の最低人数が3名となっています。
また、同様に監査役も3名以上が必要です。

なぜ、複数人数必要かといえば、取締役会と監査役会という機能が必要だからです。
どちらも、それぞれの構成員である取締役と監査役が3人以上居ないと作ることができません。

では、最大人数は何名になるのでしょうか。
大きな会社になればなるほど、多くの役員がいます。最大人数に関しての制限はありません。
会社のなかで必要と思われれば、何人でも取締役を選任することができます。
これは、会社の事業内容によって異なるからです。

このように、取締役の人数は事業内容と密に関係しているので、定款に記載されています。

会計参与はプロに依頼する

会社を設立するかどうか4つの検討ポイント

会計参与は、会社法によって定められた役員で、財務諸表等の計算書類を作成し、会計参与報告書を作成します。
また、株主総会においてはこれらの書類の説明を行う責任を持っています。そのため、専門的な知識が必要となります。

会計参与は、税理士、公認会計士またはそれらの法人が専任されることが決まっていますので、株主総会で決議します。
任期は2年間ですが、必要に応じて定款で定められているのであれば、最大10年まで延長することができます。
会計参与の会社に対する責任は、株主代表訴訟の対象となっています。
そのため、常に高い精度の計算書類を作成することが求められています。

監査役は社外から選ぶ

監査役は社外から選ぶ

監査役は、取締役の活動が適正で、かつ適法に行われているかを監査し、株主に報告する役目を担っています。
取締役は、それぞれの職務を実行しますが、それらが適正、かつ適法かをお互いにチェックする必要があります。

ですが、実際にはさまざまな理由から、それらのチェックが機能することは少ないのです。
そのため、取締役とは別に、取締役の活動を監査する役目をもった監査役が選出されています。
このような役割が社内にいると、公平な目でチェックすることができないことが往々にあるため、社外から監査役を選ぶ方が、信頼性が高いといえます。

一般社員を役員にするには

一般社員を役員にするには

一般社員を役員にするには、まずは社員でなくなるため、会社を退職する必要があります。
そのため、退職金が支払われることになり、雇用保険等からはずれることになります。
そのうえで、役員に任命されます。
一般社員であれば、負うことのなかった責任やリスクも負うことになりますので、それに見合う待遇になります。

実際に行う手続きとしては、法人登記を確認し、定款の役員数などを必要に応じて変更します。
雇用保険に関しては、役員には雇用保険が適用されませんが、兼務役員であれば、そのまま雇用保険を維持できます。
そうでない場合は、資格喪失届を提出しなければなりません。

まとめ

役員は、会社を存続させ、事業を円滑に運営するための責任を負っています。
役員構成は、それぞれ事業構造にあわせて構成していくことが、なによりも大切なのです。

東京の会社設立ならベンチャーサポート税理士法人へ!!

会社設立キャンペーン202,000円

お問い合わせはこちら