起業家なら知っておきたい! 会社設立時にコンテンツマーケティングが必要な理由とは?

起業家なら知っておきたい!
会社設立時にコンテンツマーケティングが必要な理由とは?

今、「コンテンツマーケティング」が注目され始めています。

アメリカなどでは、すでに多くの企業が実践している手法で、最近日本においても取り入れる企業が見られるようになりました。これは、顧客にとって有益な情報(コンテンツ)を提供することで自社の認知度を高め、見込み客の獲得やブランド力強化につなげていくというコンセプトに基づいた新しいマーケティング手法です。

コンテンツの形式はさまざまです。ブログのように、主に言葉によって表現されるコンテンツもあれば、画像や動画などのビジュアルコンテンツもあります。魅力的なコンテンツを提供できると、多くの顧客が自社サイトを訪れてくれるようになります。
このコンテンツマーケティングは、会社設立時にこそ重要視されるものです。それは、一体なぜでしょうか?

1.コストを抑えることができる

コンテンツマーケティングは、他の広告宣伝手法に比べてコストを抑えられます。

起業したばかりで、会社設立後に資金集めなどに奔走しているときでも効果的に利用できます。
例えば、外部の広告会社に宣伝広告の制作を発注すると、一般的には多額なコストがかかります。
ところが、コンテンツマーケティングでは、経営者自身が、ブログなどで顧客に有益なメッセージを発信することから始められるので、経費を抑えることができます。

2.顧客の反応を直接見ることができる

会社設立時に、販売する商品やサービスの仕様や価格が、まだ最終的に決まっていないことがあります。
その時に、ブログで商品やサービスに関連するメッセージを発信し、顧客の反応を集めることで、仕様や価格の決定に役立てられます。

3.先進性を示すことができる

投資家や一般の顧客がベンチャー企業の将来性を予測するとき、その企業の「先進性」に注目します。

時代を先取りしているか、先見の明があるかなど、その企業に「伸びしろ」があるかどうかを判断するのに非常に重要だからです。
「先進性」を示す方法の一つとして、「ビジネス上の新しい手法を導入する」があります。「コンテンツマーケティング」は、新しい手法の一つになり得る魅力あるマーケティング手法です。

まだ「コンテンツマーケティング」を取り入れる企業が少なく、この手法が「新しい」と感じられる間に実行すると、「先進性」を広く示すことができます。会社設立時に、コンテンツを通じて、業界の最先端を行く情報を発信すると、注目を集めることができます。

4.会社の信頼・知名度を高めていくことができる

会社設立したばかりの無名の企業でも、有益な情報や独自性のあるアイデアを発信し続ければ、企業の信頼や知名度を高められます。
これは、長期的にはブランディング効果を高めることになります。
一過性の販売促進キャンペーンは、どんなにインパクトが大きくても、永遠に残らず、徐々に忘れられます。
ところが優良なコンテンツは、いつまでも自社サイトに掲載し続けることができて、顧客のアクセスを集められます。

まとめ

会社設立時にコンテンツマーケティングを行うと、特に無名な企業が信頼度や知名度を上げるために有効に利用できます。良質なコンテンツを制作することで、世間に自社の存在を知らしめ、ビジネス拡大へと結びつけることができます。