比較的条件に合致しやすい!?商工会議所に申請して受給できる助成金(小規模事業者持続化補助金)

af9980011826

その会社の事業の状況に合った補助金や助成金を見つけることで、自分の会社も申請をしたいと思ったが、要件に合致しなかったというケースが多いことかと思われます。

今回ご紹介する商工会議所に申請する小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者の販路拡大等の取り組みに対して補助金(補助率3分の2、上限50万円)が受給できます。※雇用を増加させる取り組みは上限100万円

補助対象者は、以下の通りです。

卸売業・小売業 常時使用する従業員の数
5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 常時使用する従業員の数
5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数
20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数
20人以下

販路開拓についてはどこの会社も必要になることと、全国にどこの会社も申請ができるので、他の要件が厳しい補助金や助成金に比べ、申請のハードルが低いです。

具体的な対象となる取り組み例をみてみると、

新たな顧客層を取り込むためのチラシ作成・配布などの広告宣伝、幅広い年代層の集客を図るための店舗ユニバーサルデザイン化、新たな販路を求め、国内外の展示会へ出展、新たな市場を狙っての商品パッケージのデザイン一新となっています。

補助対象経費は、機械装置等、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、委託費、外注費が挙げられています。

申請の手続きには、まずは最寄りの商工会議所に連絡をしたのち、商工会議所の指導・助言を受けながら経営計画・事業支援計画を作成し提出していきます。

皆さん、どうでしょうか?反対にこれに該当しないという会社のほうが少ないかもしれませんね。

この補助金は認定支援機関を通さなくても申請することができます。

是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか!