東京のハイグレードなレンタルオフィス情報と借りるメリット

An Offer to the Government.tif

レンタルオフィスは、一般的に、「コスト」「立地」「スペースの柔軟性」などに関して賃貸オフィスよりもメリットがあります。

しかし、一部上場会社の本社が集積するようなビジネス街の一等地であっても、最寄駅から遠い、あるいはレンタルオフィスが入居しているビルが古くて外観が見劣りする、あるいはオフィス内の内装や備品の質が悪いなどで、レンタルオフィスにもグレードの良し悪しが生じます。

あえて、レンタルオフィスの最大のメリットであるコストよりも、ハイグレードを重視して借りることのメリットと、東京のハイグレードレンタルオフィス情報を提供致します。

2つの種類のハイグレード

レンタルオフィスのグレードには、ハード的なグレードとソフト的なグレードがあります。

ハード的なグレードとは、立地やオフィスビル内外の内外装・設備の質の良し悪しなどです。一方、ソフト的なグレードとは、特に1人で起業するとオフィスを不在にすることも多くなりますが、そのときに業務をサポートしてくれる人的な支援の質の良し悪しです。

起業して事業を成功させるには、どちらのグレードがより重要かを検討して、適切なレンタルオフィスを検討することは、たとえレンタルオフィスのコストが高くなっても、それ以上の価値を生むことになります。

ハード的なハイグレードが必要になるケース

ハイグレードなレンタルオフィスが必要な場合は、起業直後で信用がまだ十分に得られていないときです。例えば、取引にあたって重要な顧客と何度も打ち合わせを行わねばならないようなとき、立地やオフィスビルが立派であったり、受付を含むオフィス内の内装・備品などが豪華であったりすると、信用度を上げることに貢献します。

人は残念ながら、第一印象に大きく影響されて、その後の判断をしてしまいます。起業直後にこのようなビジネスをしなければならないときは、ハード的なグレードを上げたオフィスが必要になります。

ソフト的なハイグレードが必要になるケース

例えば、起業して行う事業が外国との取引中心で、レンタルオフィスでの打ち合わせは必要ないものの外国語での対応が必要な場合、語学堪能なスタッフの支援がえられると、ビジネスをスムーズに進めることに大きく貢献します。

起業直後は、しばらくはいろいろな用事が多くオフィスを留守にしなければならない時などに外国語で対応してもらえることは、1人の語学堪能な従業員を雇用するよりもコスト的に大きなメリットがあります。また、起業した本人が語学には堪能でないこともあるかもしれません。翻訳、会話など代行してもらえるメリットは大きいものになります。

「ハイグレード」の必要なケースがハード、ソフト両面で明らかになったところで、その条件にかなうレンタルオフィスを、以下でピックアップいたします。なお、各オフィスの情報は随時更新されますので、必ず各サイトで最新情報を確認してください。

東京のハイグレードなレンタルオフィス情報

社名:エグゼクティブセンター
URL:http://www.executivecentre.co.jp/
特徴:香港で設立された会社で、英語対応の受付や翻訳対応のほか、IT関係のサポートも行える会社です。また、立地も良く、丸の内、渋谷、永田町等の高層ビル内にオフィスがありハード・ソフトの両面でハイグレードです。

社名:東真商事株式会社(有楽町国際ビジネスセンター)
URL:http://www.hibiya-eisen.com/
特徴:ワンランク上のオフィス提供がコンセプトで、接客サービス、電話秘書サービスが整っている。立地、外観も優れている。

社名: Regus Japan(リージャス)
URL:http://www.regus.co.jp/business-centre/tokyo
特徴:ビジネスワールド・ゴールドメンバーシップにより、世界の1500拠点のビジネスラウンジを無料で利用できるなどの特典あり。都内では、新宿、青山、渋谷、溜池山王、大手町、丸の内などの一等地にあり(2014年2月時点で30拠点)。

社名:サーブコープ
URL:http://www.servcorp.co.jp/ja/locations/tokyo/tokyo-rental-offices/
丸の内、日本橋、虎ノ門などの一等地に展開。レンタルオフィスはもちろん、バーチャルオフィスの場合も、ソフト面のサービスが充実しており、コストを一定限度に抑えつつソフト面の充実をはかりたい方におすすめ。

東京には、上記以外にも多くのハイグレードなレンタルオフィスを提供できる会社があります。実際に決めるにあたっては、訪問して目で見て確認することをお勧めいたします。