何をどう書く?ビジネス成功へのファーストステップ「事業計画書」

起業家としてビジネスをスタートさせるにあたって、最も重要なことは何でしょうか? 資金集め、人集め、オフィス探し……。いろいろありますが、それら全てのもととなる「事業計画書」の作成が特に大事です。

「事業計画書」は、銀行や公庫から融資を受けるときや、ベンチャーキャピタルから資金調達を受けるときなど、様々な目的で使われます。

では、この「事業計画書」は、どんな内容をどのように書けば、ビジネス成功への最初のステップをクリアできるのでしょうか。
以下で効果的な「事業計画書」の作成方法を説明します。

資金調達のためだけじゃない!?事業計画書を書く目的とは

事業計画書は、金融機関に提出して融資を受ける目的によく使われます。その用途では、必要な資金を得るための「説得力」が求められます。したがって、「プレゼンテーション」という部分に必然的に力が入るのですが、事業計画書を作成することは、このような「外向き」の「資金調達」ためだけの目的ではありません。もっと重要な役割があります。

事業計画を作成する過程で、自分自身のビジネス成功のための確認作業ができます。事業の内容や方向性をまとめたり、整理したりすることで、「このビジネスは本当に立ち上げる価値があるのか?」「成功の可能性はどのくらいか?」など、自問自答していくことができます。このときに、シビアに事業計画を見ることが必要です。誰よりも厳しく事業計画を批判する立場に立って見ることができないと、良い事業計画書はできません。

事業計画書の内容‐会社のアウトラインをくっきりと!

事業計画書の内容は、大まかに分けて、「ビジネスの概要」、「事業の具体的な内容」、「財務関連の計算書、計画書」の3項目になります。それぞれ、どのような点がポイントとなるかをみていきましょう。

1.ビジネスの概要

事業の全体像を示すパートです。具体的には、企業概要(社名、代表者名、所在地などの基本情報)、ビジネスの目的および将来の目標、事業概要などを記していきます。ここでは会社の輪郭をはっきりと見せることが重要となります。経営理念など、創業者の「思い」をわかりやすい形でアピールし、「何をしたい会社なのか」というアウトラインが明確に浮かび上がるようにします。

2.事業の具体的な内容

次に、ビジネスの内容をもう少し具体的に記していきます。ここでは、「他社にはない自社の強み」を示すことが大切です。ただし、その「強み」が顧客にとってどのようなメリットをもたらすのかを伝える必要があります。独りよがりに「ここは我社の強みだ」と思っていても意味がありません。客観性を持たせることが重要です。

主に以下のような項目について、自社が行う事業の魅力をアピールしつつ、客観的データも用いながら、作成します。

・商品・サービスに関すること

どんな商品をどこからどのように仕入れ、いくらでどのように販売するのか。どんなサービスを提供するのか。マーケティング戦略はどうするか。……などを、競合他社の分析を交えて記述します。

・事業全体について

軌道に乗せるまでのスケジュール。問題となりうる点やリスクおよびその解決策、組織・人員計画などを記述します。

・協力者(会社)、支援者

出資者や仕入れ先、技術提供先、顧客などについて記述します。

3.財務関連の計算書、計画書

資金繰りを示すパートです。資金計画、売上利益計画、損益計算書、収支計画などを記載します。「事業がうまくいく」ということを数字で証明していきます。事業計画書の「説得力」をアップさせるには、このパートを充実させることが大切です。

プレゼンツールに頼らず、自分の言葉でわかりやすい資料を作成

さて、事業計画書に記載する「中身」が固まってきたら、それを「どう表現するか」にも気を配ります。事業計画書は、自分自身が納得するものでなければなりませんが、同時に第三者にも自分自身と同じレベルで納得してもらわねばなりません。

パワーポイントなどのプレゼンテーションツールを使うときには、ただ単に図表を載せるだけでは、何を伝えたいのかが不明瞭になってしまいます。カラフルなチャートの力に頼るだけではなく、ポイントをできるだけ具体的に言葉で説明するようにします。

たとえば、事業計画書のあるページで、現在の市場において圧倒的な強者がいないことを記すグラフ(マーケットシェアの情報)を用いるとします。そこに自社の食い込める可能性を示したいときは、その旨を言葉ではっきりとページ内の見やすい位置に記すようにします。そして、なぜシェアを確保できるかの具体的な内容をできるだけ客観的に説明できることが重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか? 今回ご紹介した点を参考に、ぜひ、人も自分も説得できるような充実した内容の「事業計画書」を作ってみてください。作成のプロセスにおいて、「このビジネスを本当にやっていきたいのか?」という情熱の確認もできることでしょう。

参考:
事業計画書の書き方:All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/313666/

事業計画書 パワーポイントの書き方とダウンロード:事業計画上級テクニック100
http://www.linzylinzy.com/businessplan_powerpoint.html

お問い合わせはこちら

戻る