会社名で使える記号や文字とは?

無料相談 0120-625-990 9:00 ~ 21:00(年中無休) WEBお問い合わせ
MENU
トップ  >  会社設立前に確認したい 48項目徹底検討 >  会社名で使える記号や文字とは?

会社名で使える記号や文字とは?

▼目次

新しく会社を設立する時には、最終的に法務局で設立登記という手続きを取らなくてはなりません。

設立登記に関しては細かいルールが定められており、会社名として登録する名称については使える記号や文字が決まっています。

もし規定に反した名前を使ってしまうと設立登記の手続きをやり直すことになりかねませんから、会社の名前を決める時に注意しておくべきポイントについて理解しておきましょう。

会社名に使える記号や文字(法務省の情報)

会社名として使用することができる記号や文字の一般的なルールは、法務省のホームページで具体的に確認することができます(こういう商号はどうですか?などの具体的なやりとりも参照できますので参考にしてみると良いでしょう)

なお、会社名についての基本的なルールは以下のようになっています。

1. ローマ字

会社名には「a、b、c…」というような小文字と、「A、B、C…」のような大文字のローマ字を使うことができます。

ただし、設立する会社の種類を表す表記(「株式会社」や「合同会社」)は社名がすべてローマ字であっても会社名に含めなくてはなりませんから語呂が悪くなってしまわないように注意しておきましょう(株式会社ABC、合同会社XYZ…といったような形です)

2. アラビア数字

算数や数学で使う一般的なアラビア数字を会社名に含めることができます。

アラビア数字だけの会社名も設立することができますが、ローマ字と同様に会社の種類を表す文字列は含めなくてはなりません(「株式会社999」等)

3. その他の記号

その他の記号として使えるものは以下のものに限られています。

「&」「’」「,」「?」「.」「・」

また、これらの記号は日本語やローマ字を区切るためにしか使うことができませんから、会社名の先頭や末尾につけることはできません(「&me 株式会社」や「合同会社やました'」のような称号はつけられません)

なお、「!」は会社名に含めることはできないので注意しておきましょう(これは意外に見落としがちなポイントです)

まとめ

以上、会社設立に際して会社名に使うことのできる記号や文字のルールについて解説させていただきました。

「名は体を表す」ともいいますが、会社名はときに事業の発展を左右する重要なものです。

多くの場合は経営者の人生哲学や事業内容をイメージしやすいことばが選ばれますが、会社名を考える際には法律上の基本的なルールも理解しておくようにしましょう。

0
このエントリーをはてなブック
マークに追加

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。
無料相談の3割から4割の方は相談のみです。
お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

ご相談内容[必須]
氏名[必須]
ご住所[必須]
お電話番号[必須]
Eメール[必須]

送信内容を確認したらチェックを入れてください。

見積もりはこちら
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ページの先頭へ戻る
初回相談無料!/9:00-21:00(年中無休)
電話で メールで