レンタルオフィスで設立をするときの注意点

トップ  >  会社設立前に確認したい 48項目徹底検討 >  レンタルオフィスで設立をするときの注意点

レンタルオフィスで設立をするときの注意点

▼目次

これから法人を設立することを検討している事業者の方の中には、レンタルオフィスを会社の事業所としようと考えている方もおられるかもしれません。

1ヶ月数万円程度の安い賃料でオフィスや拠点として使うことができるレンタルオフィスは法人設立後の経費節減にも役立ってくれますよね。

今回はレンタルオフィスを利用して法人設立を行う場合の注意点について解説させていただきますので、これから会社を作ることを検討している事業者の方は参考にしてみてくださいね。

レンタルオフィスを法人の本店所在地にすること自体に問題は無い

レンタルオフィスやバーチャルオフィスなどであっても、法人の設立登記を行う際に本店所在地として指定することに法的な問題はありません。

ただし、レンタルオフィスによっては契約によって法人設立の本店所在地とすることを禁止しているケースも少なからずありますから、賃貸借契約書の内容等はよく吟味しておく必要があります。

また、登記申請を行う時に登記官に怪しまれるような状況(登記官からの電話連絡に出なかったり、郵便物が届かないなど)があると、事業所としての実体がないことを疑われてしまう可能性もあります。

最近では電話応対や秘書業務を付帯サービスとして展開しているレンタルオフィスも多いですから、検討してみると良いでしょう。

設立後の法人名義の銀行口座開設も視野に入れておく

レンタルオフィスで会社設立を行う時にもっとも問題となりやすいのが、会社名義の銀行口座を開けるかどうかです。

近年では振り込め詐欺などの犯罪組織がバーチャルオフィスや小規模なレンタルオフィスを法人名義で利用しているケースが多く、金融機関側も口座開設時の審査を厳しくしている傾向があります。

金融機関によっては、申し出た本店所在地で実際に事業が行われている形跡があるかどうかをチェックする(表札や固定電話の有無など)こともありますから、簡易なレンタルオフィスを会社の設立用に利用しようと考えている方は注意が必要です。

内覧では時間帯や動線にも注意しておこう

共有スペースが多くの部分を占めるレンタルオフィスでは、落ち着いて仕事ができる環境であるかどうかは内覧時によく確認しておく必要があります。

その際、特定の時間だけにチェックを行うのではなく、夕方以降などの時間帯にも一度内覧を行なっておくと良いでしょう。

昼間は同一フロアの事業者も営業に出ていて静かだったものの、夕方以降は騒がしい…ということはよくあることです。

共有スペースと別の部屋との動線にあなたのオフィスが当たっている場合には人の出入りが多くて仕事に集中できないというようなこともありますから、見取り図などはよく確認しておくようにしましょう。

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム
お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
無料相談 0120-072-244受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ベンチャーサポートなら安くてお得な会社設立
クチコミだけで年間800社 税理士変更のメリットとは?
ページの先頭へ戻る