商号に英語表記を入れるかどうか?

無料相談 0120-625-990 9:00 ~ 21:00(年中無休) WEBお問い合わせ
会社設立・起業支援専門
税理士 司法書士 行政書士
トップ  >  会社設立前に確認したい 48項目徹底検討 >  商号に英語表記を入れるかどうか?

商号に英語表記を入れるかどうか?

▼目次

海外との取引が多い事業者の方の中には、商号に英語表記を入れるべきなのでは…と迷っておられる方もいらっしゃるかもしれません。

海外得意先と契約書を作成するときの不便や、口座開設や振込人名義の表記で日本語が入っていると不都合を生じてしまうことも少なくないためです。

海外の取引先に対して請求書を送るときに表記に統一がなかったりすると、送金時に組み戻しなどのトラブルが生じてしまうことは容易に想像できますよね。

そのような事態にならないよう、以下では会社設立時に決める商号に英語表記を入れるかどうかや、その他にどのような解決方法があるかについて解説させていただきます。

全てを英語表記にすることはできない

日本の会社法のルールでは、会社の正式な商号には「株式会社ABC」や「合同会社XYZ」といったように、必ずその会社がとっている法人形態を表記しなくてはなりません。

そのため、「ABC Co.,Ltd.」「XYZ Co.,Ltd.」のように商号の全てを英語表記にすることはできないことになりますから注意しておきましょう。

定款で会社の英語表記方法を決めておく

解決策としては、法人の正式名称は「株式会社ABC」としておいた上で、その会社の定款で英語表記の方法を決めておくことが考えられます。

定款では第一条で商号を定めるのが普通ですが、例えば以下のようにしておけば会社の正式名称と英語表記の同一性を担保することができます。

「(商号)第一条 当会社は、株式会社ABCと称する。なお、英文ではABC Co.,Ltd.と称する」

こうしておくことで、海外企業とのやりとりを行う場合には「ABC Co.,Ltd.」の方の名義を使うことができ、銀行口座の開設時等の問題にも対応することができますよ。

日本国内で使う表記名としては株式会社ABCとするのを前提に、海外企業との取引を行ったり、銀行送金時の表記では「ABC Co.,Ltd.」に統一しておくというわけですね。

まとめ

今回は、会社設立時に英語表記を入れるかどうかについて解説させていただきました。

会社設立に関しては法律上のルールが厳密に定められており、もしルールに従った形で設立手続きが行われていないと、せっかく進めてきた会社設立準備がやり直しになってしまうことも考えられます。

会社設立に関しては司法書士等の法律家にアドバイスを受けることができますから、必要に応じて相談するようにしましょう。

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

 

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。無料相談の3割から4割の方は相談のみです。お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

会社設立の無料相談ダイヤル
0120-625-990  受付:9時~21時(土日祝も対応)

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

メールでのお問合せはこちら

遅くとも翌営業日までに、
こちらからご連絡をいたします。

Q1.ご希望のご相談場所は?

東京オフィス(渋谷・新宿・日本橋・池袋・銀座)横浜オフィス(スカイビル・イーストスクエア)名古屋オフィス梅田オフィス(梅田・本町・難波)福岡オフィス仙台オフィス


Q2.ご希望の折り返し時間は?

いつでも良い9時~12時12時~13時13時~18時18時以降


Q3.必須ご連絡先の電話番号


Q4.必須お名前


Q5.任意ご相談内容(複数可)

会社設立のご相談個人事業のご相談融資のご相談助成金のご相談その他



プライバシーポリシーはこちら 

ページの先頭へ戻る