トップ  >  会社設立前に確認したい 48項目徹底検討 >  消費税の特定期間を考えて何月決算が一番得!?

消費税の特定期間を考えて何月決算が一番得!?

▼目次

平成23年以降、消費税の課税事業者となるか、免税事業者となるかの判断基準として「特定期間」という新しいルールが導入されました。

個人事業主から法人成りすると、設立してから最初の2事業年度の間は消費税の免税事業者となることができるのが原則です。

しかし、この「特定期間」の売上高が一定以上の金額になると、最初の2事業年度の間であっても消費税の課税事業者とされてしまうケースがあるので注意が必要です。

デザイン業などの労働集約的な仕事(人件費の割合が高い仕事)を事業としている方は、消費税の負担額も大きくなる傾向がありますので、設立当初に免税事業者となれるかどうかは資金繰りに大きな影響を与えます。

特定期間をめぐっては、決算月をずらすことで課税事業者となることを免れることができるケースがあります(その具体例は本文で解説しています)。

ここでは消費税の特定期間から考えて会社の決算月をいつにするかを決める考え方について知っておきましょう。

設立1期目の最初の半年間」の売上高を考える

会社を設立するときに資本金の金額が1000万円に満たない金額である場合には、設立当初の2事業年度は消費税を負担しなくても良い「免税事業者」となることができます。

ただし、1期めはさておき、2期目に関しては1期目の事業内容から考えて一定の条件を満たしてしまう場合には、免税事業者とはなれない可能性があります。

具体的には、1期目の最初の6ヶ月間(例えば、12月末決算法人であれば1期目の1月~6月:この6ヶ月間のことを「特定期間」といいます)の課税売上高が1000万円を超えているような場合には、本来であれば免税となるはずの2期目が課税となってしまうのです。

そう考えると1期目の最初の6ヶ月間については売上が大きくなることはできるかぎり避けるのが良いということになります。

ご自分の事業の規模を見直していただいて「半年間で売上が1000万円以上立つ見込みがある」という場合であればこの特定期間を考えて決算月を選択するという考え方を参考にしてみると良いでしょう。

もし決算月を1ヶ月から2ヶ月ずらすことで「半年間で1000万円」の基準に満たない状態を作り出せるのであれば、そのように決算月を定めることで2期目に消費税の課税事業者とされてしまうことを回避することができます。

基準期間と特定期間

上で「設立1期目の最初の6ヶ月間」のことを「特定期間」と呼ぶ、という話をさせていただきましたが、消費税の免税課税を判断する際には「基準期間」という言葉もよく聞くと思います。

この2つは税金にかなり詳しい事業者の方でも誤解されているケースが少なくないので、ここではその具体的な意味についてしっかりと理解しておきましょう。

基準期間=2期前の事業年度

まず、基準期間というのは簡単にいうと「2期前の事業年度」ということです。

消費税の課税、免税はこの基準期間(2期前の事業年度)の課税売上高が1000万円を超えているかどうかによって判断されます。

(課税売上高というのは家賃収入などの非課税の売上を除く、通常の売上高のことです。ほとんどの事業者の場合、普通の意味でいう売上高は、そのまま課税売上高となります)

例えば、設立3期目の基準期間は設立1期目ですから、1期目の課税売上高の金額が重要になります。

もし1期目の課税売上高が1500万円だった場合には3期目は消費税課税事業者となり、もし1期目の課税売上高が800万円だった場合には3期目は消費税免税事業者となります。

同様に、設立4期目が消費税課税となるか免税となるかを判断する際には、設立2期目の課税売上高がどうだったか、を判断材料にするというわけですね。

特定期間=1つ前の事業年度の期首から6か月間

一方で、「特定期間」というのは「1つ前の事業年度の期首から6か月間」のことを指します。

例えば、設立2期目が2017年1月1日~12月31日だったとすると、この場合の特定期間は2016年1月~6月をさすことになります。

上でも説明させていただいた通り、この特定期間の課税売上高が1000万円を超えている場合には、設立2期目であったとしても消費税は免税にしてもらうことができません。

この特定期間のルールは平成23年以降に新しく作られたルールですから、経験豊富な事業者の方であっても「知らなかった」ということは少なくありません。

税法のルールは毎年変更になりますから、顧問税理士からアドバイスを受けるなどして常に最新の情報を仕入れるようにしておきましょう。

まとめ

今回は、消費税の特定期間から会社の決算月を決める方法について解説させていただきました。

消費税の計算や課税、免税の判断については専門知識が必要になりますから、実際に法人設立の手続きを行う時には税理士や司法書士などの専門家のアドバイスを受けるのが適切です。

決算月をいつにするか?の判断によって、負担する税金の金額が大幅に変わってしまうこともありますから、注意しておいてくださいね。

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

 

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。無料相談の3割から4割の方は相談のみです。お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

会社設立の無料相談ダイヤル
0120-625-990  受付:9時~21時(土日祝も対応)

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム
お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

 

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。無料相談の3割から4割の方は相談のみです。お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

会社設立の無料相談ダイヤル
0120-625-990  受付:9時~21時(土日祝も対応)

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)
ご質問・無料相談はお気軽にご連絡を 0120-625-990 メールで無料相談
ページの先頭へ戻る