会社員と起業家ってどう違うの?

トップ  >  起業で失敗しないための心構え >  会社員と起業家ってどう違うの?

会社員と起業家ってどう違うの?

起業してサラリーマンから起業家になると、まず収入の稼ぎ方についての考え方がガラッと変わります。

起業前には勤務先の会社にどのように評価されるか?によって収入の金額が決まりますが、起業後にはより直接的に社会からどのように評価されるか?によって収入の金額が決まるようになるからです。

起業前は勤務先の企業を通して社会とのかかわりを持っていたのが、起業後にはお客さんと直接的に1対1で向き合うことになります。

良い面を見れば、起業後にはお客さんのお役に立てばたつほどたくさんの収入を得ることができますが、もしそうでなければ1円もお金を稼ぐことができなくなってしまいます。

仕事でトラブルになった時のリスクが変わる

サラリーマンから起業家になると、仕事上のさまざまなリスクについての対処の仕方も変わります。

典型的なのは得意先などとトラブルになった時の対処の仕方です。

サラリーマンとして働く場合は、どんなに大きなトラブルを起こしてしまったとしても、最悪の場合で勤務先の企業をクビになるだけです(犯罪を犯したような場合は別問題ですが)

一方で、起業した後には仕事から発生するリスクはすべて経営者であるあなた自身が引き受ける必要があります。

得意先との契約トラブルの内容によっては、相手方から損害賠償請求などをされる可能性もありますし、せっかく商品を納入したのに相手がお金を払ってくれない…などといった事態も発生する可能性が常にあります。

また、経営者であるあなたが、常に元気に仕事をできる状態であるかどうかはわかりません。

多くの場合は経営者の健康状態は収入に直接的に影響してしまうでしょうから、あなた自身の健康状態も一つのリスクであることを認識しておく必要があります。

リスクに備えるため専門家の意見を聞く

起業した後にはこうしたリスクに備えるためにさまざまな手段を事前に講じておくことが求められるようになります。

そして、リスクに備えるためにはそれぞれの場面に応じて専門家の意見を聞くことが大切です。

例えば、お客さんとの契約上については契約書に損失補填や代金支払の条件などについてきちんと定めておくことがリスク回避につながります。

こういった契約書の作成については司法書士や弁護士といった法律の専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

また、経営者であるあなたに万が一があった時にもある程度の収入が確保できるようにしておくことも大切です。

こうしたリスクについては生命保険(保険料を会社の必要経費にして節税対策に使えるものもあります)への加入によって抑えることが可能になります。

参考
起業で失敗しないための心構え
>>起業で失敗しないための心構え【心構え プラン 資金調達 ステップ】

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

[mwform_formkey key="3255"]
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
無料相談 0120-072-244受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ベンチャーサポートなら安くてお得な会社設立
クチコミだけで年間800社 税理士変更のメリットとは?
ページの先頭へ戻る