事務所の設備費用はできるだけ節約しましょう

トップ  >  起業で失敗しないための心構え >  事務所の設備費用はできるだけ節約しましょう

事務所の設備費用はできるだけ節約しましょう

本当に必要なものに限り購入する

事業をスムーズに開始するために、事務所の設備を整えることは非常に重要なことです。

例えば、プリンターの例を見ても一般家庭用のものとビジネス用途のものでは出力スピードは全く異なります。

仕事が忙しくなってきたときにこそ、基本作業は効率的に行いたいものです。

とはいえ、過剰な設備費用は経営を圧迫します。

事務所の設備費用については、本当に必要なものなのかどうかをしっかりと検討することが必要です。

調達の仕方にもいろいろある

例えば、複合機を購入する場合を考えてもいろいろな選択肢があります。

毎日使用するものですし、少しでも快適に使いたいということであれば新品を購入するのも悪くないと思います。

ただし、その場合でも最新機種が必用かどうかは検討が必要です。

ひとつ前の機種でも十分な性能を有している場合があります。

そのような場合には、値引き交渉のしやすい旧型を購入するのも方法の一つです。

中古で購入することも選択肢の一つです。

なんといっても、調達費用が安く済みます。

場合によっては、新品の半額以下の金額で入手することもできます。

また、中古で購入した方が減価償却費の計算上有利です。

例えば、新品のコピー機であれば5年間で減価償却を行います。

4年落ちの中古であれば2年で償却を行います。

リース契約での調達を考えてみるのも良いかもしれません。

リースの場合は、リース会社が買い取った複合機を形式上借り受ける形をとります。

基本的に新品での対応になります。

5年程度をかけてリース料を支払うことになるので、初期費用は安く済みます。

ただし、支払総額は一括払いをした場合に比べて高くなりますので注意が必要です。

優遇税制の利用も検討してください。

即時償却、割増償却、税額控除、償却資産税の減免など、適用できる税制の制度により異なります。

特に税金の減免を受けることができれば、実質的に値引きをうけたことと同じことです。

制度によっては、購入前に設備投資計画の認定を受けて初めて適用できるものもありますので注意が必要です。

しっかりと必要性を検討していざ購入すると決めた場合、少しでも費用を抑えて購入することが大切です。

特に、高額な設備投資ともなると金額差も大きくなります。

次のような、価格調査の方法があります。

インターネット

インターネットを利用して価格調査を行うことは非常に有効です。

インターネット上でおもに商品を紹介しているような会社は実店舗を持たないことがあります。

そのような会社の場合には、販売経費を圧縮できるので販売価格も安くなる傾向にあります。

相見積を取る

業者に見積もりを出してもらったら、他の業者と比較することが重要です。

必ず複数業者の見積もりを取るようにしてください。

場合によっては他者の見積もりを持ちこむことによって、対抗してさらに値引きに応じてくれる場合があります。

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

[mwform_formkey key="3255"]
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
無料相談 0120-072-244受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ベンチャーサポートなら安くてお得な会社設立
クチコミだけで年間800社 税理士変更のメリットとは?
ページの先頭へ戻る