自宅をオフィスにするメリットデメリット

トップ  >  起業で失敗しないための心構え >  自宅をオフィスにするメリットデメリット

自宅をオフィスにするメリットデメリット

自宅オフィスのメリット

事業を始めるときに、最初から事務所を賃貸すると毎月の家賃の支払いが発生します。

どんなに綿密に事業計画を立てたとしても、絶対にうまくいくとは限りません。

軌道に乗るまでに時間がかかることもあります。

毎月の固定費を減らすために最初は自宅をオフィスとしてスタートする選択肢も検討する必要があります。

自宅をオフィスとした場合には次のメリットがあります。

固定費が抑えられる

店舗や事務所の家賃は事業を行う上での大きな支出項目の一つです。

月々の支払家賃から目標とする売上高が設定できます。

業種にもよりますが、売上高の10%以内に家賃が収まるように計画を立てます。

開業当初は予定通り売り上げが立つか不安が多いものです。

そのようなときに少しでも月々の固定的な経費が節約できれば安心です。

初期投資が抑えられる

事務所を賃貸する場合には賃貸契約に附随して、保証金や敷金、礼金の支払いが必要になります。

毎月の家賃の金額の他に大きな初期投資が必要になります。

特に敷金や保証金は支払っても経費になりません。

また、気に入った物件がそのまま使用可能な状態とは限りません。

内装工事が必要になった場合には高額になりがちです。

通勤時間

自宅をオフィスにすると通勤時間を短縮することができ、時間を有効に活用することができます。

サラリーマン時代に片道2時間近くかけて通勤していた人からすると、一日に使える時間が本当に長くなったと感じると思います。

自宅オフィスのデメリット

自宅をオフィスとすると、次のようなデメリットも生じます。

このデメリットをしっかりと検討したうえで自宅にて開業することをお勧めします。

営業上不利な場合がある

自宅をオフィスにした場合、基本的に会議は近くのカフェ等にて行うことになります。

そのつど経費が掛かりますし、営業時間等の制約を受けることになります。

看板を設置できない場合がある

特にマンションなどの集合住宅の場合には、会社の看板を設置することが難しい場合があります。

そもそも管理組合規約で商業利用が禁止されている場合もあります。

従業員を雇う場合には注意が必要

事業が軌道に乗ると、ひとりでは仕事をさばききれず従業員を雇うことになります。

時には、社内での事務作業を従業員に任せて自分は外へ営業に出ることもあるでしょう。

他人を自分の自宅に一人で残すことになります。

自分自身の他に家族も不安になります。

公私混同が起きやすい

生活の場所と仕事の場所が同一だとメリハリがつかず、プライベートとの区別がうまくいかないため、結果として効率的に仕事ができない可能性もあります。

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

[mwform_formkey key="3255"]
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
無料相談 0120-072-244受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ベンチャーサポートなら安くてお得な会社設立
クチコミだけで年間800社 税理士変更のメリットとは?
ページの先頭へ戻る