【税理士が作った経営者の教科書】 税務編 第2回「源泉所得税の仕組み」

トップ  >  税理士が作った経営者の教科書 >  【税理士が作った経営者の教科書】 税務編 第2回「源泉所得税の仕組み」

節税・融資・税務調査に強い税理士をお探しなら
起業支援に特化した全国14拠点の税理士法人

【税理士が作った経営者の教科書】 税務編 第2回「源泉所得税の仕組み」

今回は「源泉所得税」について、もう少し深くお伝えさせていただきます。

源泉所得税とは「役員報酬や給料にかかる税金で、支給時に天引きをしておき、個人に代わって会社が税務署に納付するもの」でした。

ただ、実は給料以外にも支払うときに天引きをしておかないといけないケースがあるのです。

そして天引きを忘れると、その金額を会社が肩代わりさせられることになります。

今回はそのケースについてお伝えします。

お給料以外に天引きをする必要があるのは、次のようなケースです。

  • 個人事業主であるデザイナーさんへデザイン代を支払ったとき
  • 個人事業主であるライターさんへ原稿代を支払ったとき
  • 個人事業主である講師に講演料を支払ったとき
  • 個人事業主である税理士、弁護士に費用を支払ったとき
  • 個人事業主である司法書士に費用を支払ったとき
  • 個人事業主である外交員に外交員報酬を支払ったとき
  • 個人又は個人事業主に広告宣伝のための賞金を支払ったとき

たくさんありますね・・、覚えきれなさそうです。

実はこれ以外にも源泉所得税を天引きしないといけないケースというのはたくさんあります。

ですが全部記憶するのは当然無理ですので、業種に関わらず支払いが生じる可能性があるものだけをピックアップしました。

さて上記に挙げさせてもらいました天引きするケースですが、ポイントがあります。

それは支払う相手が「個人事業主」又は「個人」だということです。

つまり相手先が「法人」のときは、源泉所得税は発生しないのです。

この点を間違えてしまうと、天引きしなくても良い法人への支払いからも天引きしてしまい、トラブルの元になる可能性があります。

まずはしっかり押さえてください。

次は「いくら天引きするか」についてです。

天引きする金額は次のようになっています(小数点以下の端数は復興特別所得税です)。

  • デザイナーさん、ライターさん、講師、税理士、弁護士、外交員 支払金額の10.21%(1回の支払金額が100万円を超える場合は100万円を超える部分については20.42%)
  • 司法書士(支払金額-1万円)の10.21%
  • 事業広告宣伝のための賞金(支払金額-50万円)の10.21%

会社から上記の人へ支払いをするときは、この計算方法で求めた金額を天引きして、支払わなければいけないのです。

実務上は先方が請求書を発行する段階で、自分で天引き金額を計算して請求書を起こしていることが多いです。

ただ、あまり税務に詳しくない個人事業の方ですと、天引きをしていない請求書を作成している場合もあります。

請求書通りに支払って、源泉所得税を引き忘れると、会社が負担しないといけなくなりますので、十分ご注意ください。

天引きした源泉所得税は、支払いをした月の翌月10日までに、「納付書」という書類を自分で作成して納税することになります。

この「納付書」は税務署に言うと上のような発行してくれます。

この納付書の必要な箇所に数字を記入して、税金と一緒に銀行で納めれば納税は完了です。

納付書の書き方などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせよろしくお願いします。

今回は源泉所得税について見てきました。

源泉所得税は間違いが多く、また税務署も間違いが多いことを知っていて狙ってくるポイントです。

 

目次

【税理士が作った経営者の教科書】シリーズ。経営者が知るべき経理・会計・税金・労務・節税・税務調査など、経営者が知っておくべき知識を顧問先8000社を持つベンチャーサポート税理士法人の税理士が分かりやすく解説します。

この連載の記事一覧→

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
無料相談 0120-072-244受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ベンチャーサポートなら安くてお得な会社設立
クチコミだけで年間800社 税理士変更のメリットとは?
ページの先頭へ戻る
<相談無料>  手数料0円  最短1日 
安くて有利な会社設立