合同会社の英語表記は?

無料相談 0120-625-990 9:00 ~ 21:00(年中無休) WEBお問い合わせ
MENU
会社設立TOP  >  合同会社設立は超かんたん!何も知らないド素人でもあっさり起業できる合同会社設立手続とは? >  合同会社の英語表記は?

合同会社の英語表記は?

合同会社は、英語にした場合には「LLC」と表記されます。

これは「Limited Liability Company」の頭文字をとった略称で、

  • Limited=制限された
  • Liability=責任
  • Company=会社

ですから、簡単にいうと「有限責任会社(会社の出資者は会社の債務について出資の範囲でだけ責任を負うという意味)」ということですね。

なお、株式会社は「Co.Ltd.」と呼ばれますが、こちらも「Company.Limited.」の略称で、要するに有限責任会社という意味で、合同会社と同様の意味です(Company=会社、Limited=制限された)。

つまり、対外的な債務の観点(だれが会社の債務について支払う義務があるのかといこうことです)からは、株式会社と合同会社は基本的に同じものとして扱われているということですね。

実際、会社についてのルールを定めている会社法という法律では、株式会社と合同会社は外部者との関係や税金の負担に関してはまったく同じものとして扱われています(設立手続きや内部組織についてのルールだけが違います)。

英語表記を準備しておくことにはどんな意味がある?

会社は最終的に設立登記という手続きを経て設立が完了し、個人でいう戸籍謄本のような形で「全部事項履歴証明書:登記簿謄本」という書類を取得できるようになります。

会社の英語表記は定款に記載する事項に含まれていないので、登記簿謄本には英語表記は表示されることはありません。

しかし、英語表記を定款に記載しておくと安全性が高くなるので、海外の取引先との取引があるような場合には記載しておくのが望ましいと言えます。

参考
合同会社設立は超かんたん!?麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?
>>合同会社設立は超かんたん!麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?
0
このエントリーをはてなブック
マークに追加

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。
無料相談の3割から4割の方は相談のみです。
お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

ご相談内容[必須]
氏名[必須]
ご住所[必須]
お電話番号[必須]
Eメール[必須]

送信内容を確認したらチェックを入れてください。

見積もりはこちら
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ページの先頭へ戻る