トップ  >  合同会社(LLC)とは?メリットデメリットから設立手続き手順 >  LLC(合同会社)に向いている事業を教えて

LLC(合同会社)に向いている事業を教えて

会社を設立して事業を始める場合、大きく分けて株式会社とLLC(合同会社)の2つの方法があります。

いずれの方法でも会社名義での契約や資産所有を行うことができますし、税金や社会保険の計算の扱いはまったく同じです。

ただし、組織運営の方法や出資者の異動に関するルールついては株式会社とLLCで違いがあります。

ごくおおまかにいうと、株式会社は大規模な事業展開を目指してしっかりとした組織構築を行いたいときに向いています。

一方で、LLCは事業運営者に広く権限を認め、小規模でスピーディな事業展開を行いたいときに向いているといえるでしょう。

LLC(合同会社)は こんな事業に向いている 個人の魅力、アイデアを活かしてスピード経営

LLC(合同会社)は、事業運営者によるスピーディな意思決定を求められる、比較的小規模な組織を運営するのに適した会社形態といえます。

変化の激しい業界でアイデアをスピーディに事業として具体化したい場合や、事業運営者個人が持つネームバリューや実績が重要である事業、さらには起業家同士が提携して合弁事業を立ち上げるときなどにはLLCを選択することにメリットがあるでしょう。

近年では高い専門性を持ったコンサルタント同士の連携事業から、商店街活性化のために小規模商店が集まって行う事業、さらには近隣の農家が集まって一つの組織として農業を展開する事業など、さまざまな場面で合同会社が活用されるようになっています。

LLC(合同会社)に向いていない事業は?

LLCの形で行うのに向いていない事業についても見ておきましょう。

LLCは、事業運営者に強い権限を付与できるというメリットがある反面、企業ガバナンスが重要になる大規模事業を展開するのには向いていません。

このようなケースでは、株式会社を選択して経営者間の相互チェック機能が有効に働く組織形態を考えるのが適切といえます。

また、合同会社は出資者の参加や異動に制限を加えることが前提となっている組織ですから、証券取引所に上場するということができません。

証券取引所に上場すると株式市場から直接的に資金調達をすることができますから、資本力が重要になる組織を運営する場合には株式会社形態を選択する必要があります。

合同会社は会社設立にかかる費用や労力が最低限で済むというメリットがありますから、開業間もない時点では合同会社を選択し、経営が軌道に乗ってきたタイミングで株式会社に移行するという選択肢もあり得るでしょう。

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

 

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。無料相談の3割から4割の方は相談のみです。お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

会社設立の無料相談ダイヤル
0120-625-990  受付:9時~21時(土日祝も対応)

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム
お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

 

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。無料相談の3割から4割の方は相談のみです。お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

会社設立の無料相談ダイヤル
0120-625-990  受付:9時~21時(土日祝も対応)

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)
ご質問・無料相談はお気軽にご連絡を 0120-625-990 メールで無料相談
ページの先頭へ戻る