「ヒト中心の会社」と「モノ中心の会社」LLCはどちらの特徴も備えているの?

無料相談 0120-625-990 9:00 ~ 21:00(年中無休) WEBお問い合わせ
会社設立・起業支援専門
税理士 司法書士 行政書士
トップ  >  合同会社(LLC)って何?かんたん合同会社の会社設立の手続き! >  「ヒト中心の会社」と「モノ中心の会社」LLCはどちらの特徴も備えているの?

「ヒト中心の会社」と「モノ中心の会社」LLCはどちらの特徴も備えているの?

企業の在り方を分類する際の考え方として、「ヒト中心の会社」「モノ中心の会社」という分類をすることがあります。

ごく簡単に言うと、会社への出資を考える場合に、その会社を運営している「人」を信用してお金を出すのか、あるいはその会社の「財産やネームバリュー」を信用してお金を出すのかという問題です。

ヒト中心の会社とは?

前者は「ヒト中心の会社」や人的会社と呼ばれ、個人事業や合名会社、合資会社が該当します。

ヒト中心の会社の場合、会社の外部関係者はその会社を運営している経営者を見てその会社との取引を行うかどうかを判断することになります。

この会社の経営者が優秀な経営手腕を持っていて、社会的な信用も高い人物である場合には資金調達や取引がスムーズにいくケースも多いでしょう。

一方で、会社の外部関係者としては「もし経営者であるこの人が病気やけがになったらどうなるのか」ということをリスクと判断する可能性があります。

また、ヒト中心の会社では経営者のプライベートな経済状態と会社の財政状態が混在される可能性が高く、その点でも会社の対外的な信用を低下させる傾向があります。

特に、銀行などの金融機関から融資を受ける際にこの点は厳密にチェックされますから、事業がある程度の規模になってきたらヒト中心の会社からモノ中心の会社へとステージアップすることが課題となるでしょう。

モノ中心の会社とは?

モノ中心の会社では、会社の対外的な信用は会社名義の財産やネームバリューを根拠にしています。

会社に出資する人としてはこの会社の経営者が誰であったとしても、会社そのものの事業状態が安定しているのであればある程度安心して出資を行うことができることになります。

また、良くも悪くも会社の経営陣が相互にチェックをしあう体制となっていることが多いですから、経営者個人のプライベートな経済状態に会社が左右される可能性が低くなります。

多額の資金調達を得たい場合や、複数の出資者を募りたい場合などには、このモノ中心の会社形態を選択するのが適しているといえます。

法律的な面では、もし会社が倒産するような事態になった場合には、モノ中心の会社では出資者は自分が出資をした範囲内でのみ責任を負う(有限責任)となっていることから、出資のリスクを下げることにもつながります。

合同会社(LLC)はどちらに該当する?

合同会社は、開業間もない事業や、少ない人数(あるいは社長1人)で事業を運営するときに選択されることが多い企業形態です。

株式会社と比較すると、会社の運営や出資者の受け入れについては経営陣の裁量が広く認められていることが特徴です。

具体的には、会社運営のルールについては設立時に作成する定款による自治の範囲が広い他、出資者に誰がなるのかについては現状の社員(出資者)による承認を必須とすることができることが挙げられます。

合同会社は折衷的な会社形態

一方で、合同会社の出資者は自分が出資したお金の範囲内でのみ責任を負う間接責任となっていますから、この面ではモノ中心の会社といえます。

法律上、合同会社自身と会社経営者の財産とは厳密に分離されていますから、会社経営者のプライベートな経済状態が会社の運営に影響を与える側面は排除されているといえます。 (ただし、現実にはオーナー経営者と会社の財布が一つとなっているようなケースも少なくありません)

このように、合同会社はヒト中心の会社と、モノ中心の会社の両方の特徴がうまく組み合わされている折衷的な企業形態です。

出資者は広く募りたいが、会社の運営については経営陣の裁量を広く認めたいようなケースでは、合同会社での企業運営が適しているといえるでしょう。

参考
合同会社設立は超かんたん!?麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?
>>合同会社設立は超かんたん!麻雀しながらあっさり設立できる合同会社とその手続とは?

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

 

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。無料相談の3割から4割の方は相談のみです。お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

会社設立の無料相談ダイヤル
0120-625-990  受付:9時~21時(土日祝も対応)

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム
お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

 

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。無料相談の3割から4割の方は相談のみです。お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

会社設立の無料相談ダイヤル
0120-625-990  受付:9時~21時(土日祝も対応)

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)
ご質問・無料相談はお気軽にご連絡を 0120-625-990 メールで無料相談
ページの先頭へ戻る
無料相談/平日夜・土日も対応!お気軽にご相談ください
電話で メールで