トップ  >  合同会社(LLC)って何?メリットからデメリットまで簡単解説! >  合同会社(LLC)の気になる利益配分について

合同会社(LLC)の気になる利益配分について

起業して1年がたち最初の決算が終了しました。

会社の損益計算書をみると、利益が計算されています。

この利益は出資者への配当や、会社の維持、翌期以降の設備投資などの原資になります。

LLCでの利益の分配はどうしたらいいか考えます。

利益とは?

会社の収入から各種経費を差し引いた残額が配分可能な利益になります。

売上や受取利息、雑収入などの収入から、仕入、給与、家賃、手数料などの経費を差し引いて利益を計算します。

せっかく利益が出たのだから、出資者への還元や設備投資をしようと考えた時に、注意すべきことがあります。

それは、損益計算書上の利益と会社内にある現金残高は必ずしもリンクしていないということです。

今年の利益が100万円と計算された場合でも、取引先への売掛金が50万円ある場合には、手元に50万円しか現金がありません。

これから将来に入金が予定されている金額までも含めて利益が計算されています。

当然ですが、未入金の部分の金額については出資者に配当として還元することはできません。

また、利益の配分を考えるときには法人税等の税金の流出を考える必要があります。

法人税や消費税など、決算が終了してから支払う必要のある税金について、会計処理方法によっては今年の損益計算書に計上されず結果として大きな利益が計算されている可能性があります。

LLCの利益の分配は?

LLCの最大の特徴の一つに、自由な利益の分配があります。

株式会社であれば、基本的に拠出したお金の大きさに比例して株主に利益を分配する必要があります。

ところが、LLCの場合、拠出したお金の量だけでなく人の会社への貢献を評して利益の分配に反映させることができるのです。

この点を生かして、来期のモチベーション向上のため、社員全員でしっかりと話し合い、それぞれの役割に応じた評価と分配について話あうことは非常に重要です。

内部留保の検討を

話し合いの結果によっては、稼いだ利益を全額社員に配分することももちろん可能です。

ここでは、内部留保についても考えてみましょう。

会社の意思決定として、営業拡大のための運転資金や設備投資、社内環境の整備のための費用として社内に留保することも必要です。

せっかく会社組織にしたからには、半永久的に会社が発展することを誰もが願っているはずです。

利益のうちの一部をこのような目的のために留保することもぜひ検討しましょう。

毎年少しずつ社内留保の金額を設定すると、だんだんと会社の財務基盤は強固となります。

少々の業績不振ではびくともしない体制を整えることも会社の運営上必要なことです。

参考
合同会社(LLC)とは?メリットデメリットから設立手続き手順
>>合同会社(LLC)とは?メリットデメリットから設立手続き手順

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

[mwform_formkey key="3255"]
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
無料相談 0120-072-244受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ベンチャーサポートなら安くてお得な会社設立
クチコミだけで年間800社 税理士変更のメリットとは?
ページの先頭へ戻る