トップ  >  合同会社(LLC)って何?メリットからデメリットまで簡単解説! >  LLCの設立手順を簡単に説明 定款の認証手続きは不要です。

LLCの設立手順を簡単に説明 定款の認証手続きは不要です。

ここでは(1)LLC(合同会社)・(2)LLP・(3)株式会社・(4)個人事業のそれぞれの設立手続きを具体的に比較してみましょう。

結論からいうと、もっとも簡便な方法は個人事業ですが、法人格を取得して事業を行う場合には株式会社よりLLCの方が時間・労力ともにコストがかかりません。

なお、LLC・LLP・株式会社については司法書士などの専門家のアドバイスを受けながら設立手続きを行うのが一般的です。

1.LLC(合同会社)の設立手続き

LLC(合同会社)の設立手続きは、以下のような手順で進めていきます。

  • ・会社の基本ルールを決定します
  • ・決定した基本ルールに従って定款を作成します
  • ・出資金の払い込みを行い、出資者を確定します
  • ・法務局で設立登記を行います

LLCの設立手続きでは、後で見る株式会社の場合に必要な「定款認証の手続き」が不要であるという点で、設立手順が比較的簡単であるといえます。

2.LLPの設立手続き

LLPの設立手続きは以下のようになります。

  • ・LLP運営の基本ルールを決定します
  • ・基本ルールをもとにLLP契約書を作成します
  • ・出資金の払い込みを行います
  • ・法務局で登記を行います

LLPは法人格がありませんが、従来の組合契約とは違ってLLP名義の銀行口座を持ったり、不動産を所有したりといったことが可能になります(ただし、法律上は組合員の合有という形態になり、LLP名義での不動産登記はできません)

3.株式会社の設立手続き

株式会社の設立手続きは以下の手順で行います。

  • ・会社の基本ルールの決定
  • ・発起人会の開催(発起人=設立時の出資者メンバーのこと)
  • ・定款の作成
  • ・公証役場で公証人による定款認証を受けます
  • ・出資金の払い込みを行い、出資者を確定します
  • ・取締役会の開催(通常、設立時の発起人=設立後の取締役となります)
  • ・取締役や監査役の調査を行います
  • ・法務局で設立登記を行います

株式会社では公証役場での定款認証が必要な分、設立手続きにかかる労力や費用が高くなります。

定款認証や設立登記のタイミングで不備が見つかると設立手続きを最初からやり直すことになってしまいますから、専門家のアドバイスを受けながら設立手続きを進めるようにしましょう。

4.個人事業の事業開始手続き

個人事業の事業開始手続きは以下のように行います。

  • ・開始する事業内容を決めます
  • ・税務署に開業届を提出します

個人事業はもっとも簡単に事業を始めることのできる方法で、会社設立に比べると費用も時間もかからないというメリットがあります。

一方で、会社を設立する場合に使える節税対策が使えなくなる点や、金融機関から融資を受ける際の信用力ではLLCや株式会社に劣る点に注意しておきましょう。

参考
合同会社(LLC)とは?メリットデメリットから設立手続き手順
>>合同会社(LLC)とは?メリットデメリットから設立手続き手順

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

[mwform_formkey key="3255"]
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
無料相談 0120-072-244受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ベンチャーサポートなら安くてお得な会社設立
クチコミだけで年間800社 税理士変更のメリットとは?
ページの先頭へ戻る