トップ  >  合同会社(LLC)とは?メリットデメリットから設立手続き手順 >  LLCの組織構成について教えて!いくつかのバリエーションを考えよう

LLCの組織構成について教えて!いくつかのバリエーションを考えよう

LLC(合同会社)は、株式会社に比べると柔軟で自由な組織構成を作ることが認められています。

LLCの出資者となる人は、原則としてすべての人が業務執行の権限を持った経営者となりますが、定款でこれとは異なるルールを作ることも問題ありません。

例えば、出資者が3人いた場合にそのうち2人には業務執行権限を認めるけれど、もう1人には認めないとしたり、3人のうち1人だけに業務執行権限を認めたりといったことも可能です。

ここではLLCで選択できる組織構成のバリエーションについて解説させていただきます。

LLCの組織構成はどうなる? いくつかのバリエーションが考えられる

LLCの組織構成のバリエーションとしては、大きく分けて次の3つが考えられます。

  • ・1.個人の出資者1人でLLCを設立した場合
  • ・2.2人以上の個人出資者でLLCを設立した場合
  • ・3.個人と法人が出資者となる場合

以下、順番に解説させていただきます。

なお、以下の説明で「社員」と呼んでいるのは会社の出資者のことで、従業員とは意味が異なります。

1.個人の出資者1人でLLCを設立した場合

1名の個人出資者が、1人でLLCを設立した場合には、その人が代表権を持った社員となります。

個人事業主が法人成りする場合にはこの形になることが多いでしょう。

この場合、その経営者である個人は1人で株主総会を構成する株主となり、さらに取締役となるなど、複数の役割を持つことになります。

2.2人以上の個人の出資者でLLCを設立した場合

2人以上の個人が出資してLLCを設立した場合、その人たち全員が代表権を持った社員となったり、そのうち何名かだけに代表権を認めたりといったことを自由に行えます。

会社の出資者の中には会社の事業から利益の分配を受けることだけを目的としている人がいることもあるでしょうから、そういった人には代表権は付与しないとするのが合理的です。

なお、これらのルールは会社の定款で定めておく必要があります。

3.個人と法人が出資者となる場合

LLCは、個人が法人と一緒に出資者となることも可能です。

大規模な会社が会社外部の個人と協力して合弁事業を行う場合や、会社が設立した子会社に外部から経営者を迎えるような場合に、その経営者に会社の持ち分を与える場合にはこの形になります。

その際、持ち分を持つ会社には代表権を持たないとしたり、逆に親会社から派遣する社員に代表権を持たせたりといったことも自由に行えます。

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

 

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。無料相談の3割から4割の方は相談のみです。お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

会社設立の無料相談ダイヤル
0120-625-990  受付:9時~21時(土日祝も対応)

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム
お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)

起業家の不安を一緒に解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。

だから、どんな事でも話してください。なんでも相談してください。

会社設立や税金、経営の質問だけでなく、仕事の不安や悩みも打ち明けて下さい。

一緒に起業の熱い夢を追いかけましょう!

 

会社設立の第一歩は無料相談から

ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人を、どこよりも優しくサポートする」 を企業理念としています。
無料相談は本当になんでも聞いて頂きたいと思っております。

設立時期が決まっていないが、気になっていることがある。
資本金の決め方や、役員の決め方などの基本を教えてほしい。
融資や、助成金 制度を利用したいのでサポートして欲しい。

こういった相談も大歓迎です。無料相談の3割から4割の方は相談のみです。お気軽な気持ちで電話ご相談くださいませ。

会社設立の無料相談ダイヤル
0120-625-990  受付:9時~21時(土日祝も対応)

メールでのお問い合わせをご希望の場合は、下記のフォームをご入力ください。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

お問い合わせ内容必須

お名前必須
ご住所必須
郵便番号
-

都道府県
市区町村
番地・ビル

電話番号必須
- -
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)
メールアドレス必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)
ご質問・無料相談はお気軽にご連絡を 0120-625-990 メールで無料相談
ページの先頭へ戻る