節税・融資・税務調査に強い税理士をお探しなら
起業支援に特化した全国14拠点の税理士法人

節税対策Vol.11 お金が出ていかない最優先の王道的節税 「飲食代の交際費と会議費」

お金が出ていかない最優先の王道的節税
「飲食代の交際費と会議費」

交際費と会議費って言っても、どう違うのかピンとこないかもしれませんね。
簡単に説明すると、会議費で処理すれば全額経費として処理できるのですが、
交際費になると一部は経費として認められなくなるというのが大きな違いという
ことになります。では、同じ飲食費でも交際費にしないで会議費にするには
どうすればいいでしょうか?
それは 1人当たりの飲食費の金額を5,000 円以内に抑えるということになります。
例えばお客さんと食事に行って3 人で14,000 円だったら会議費でOK、16,000 円
なら交際費として処理しないといけないということですね。
ということは、人数によって交際費になったり会議費になったりするわけですから、
きちんと領収書などにどこの誰といったのかというのを記載していないといけません。

では、居酒屋やスナックのようなところでの飲食代にも5,000 円基準は適用される
のでしょうか?これも大丈夫です。
そういう場所であっても、接待のための飲食であれば同じように1 人当たり5,000 円
という基準が適用されます。
お店で料理やお酒を注文するときに「これ頼むと5,000 円超えちゃうかなぁー」
とか気にするのは微妙ですが、少しでも経費にしたい方は5,000 円という数字を
意識してみてください。

会社にお金を残すために必要な30の節税方法

0
このエントリーをはてなブックマークに追加

現状の起業トレンドを起業の専門家が徹底分析!これだけは知っておきたい起業・会社設立・起業後の諸手続きから税務申告までを完全網羅!
1万3000社超の起業をサポートした専門家だからわかる「起業成功のポイント」と「会社設立の注意点」を伝授します!

この連載の記事一覧→

ページの先頭へ戻る
<相談無料>  手数料0円  最短1日 
安くて有利な会社設立