節税対策Vol.13 お金は出ていくが将来につながる投資型節税「短期前払費用」

お金は出ていくが将来につながる投資型節税
「短期前払費用」

ここからは将来の投資につながるような節税を紹介していきます。
まず検討すべき節税は「経費の1年分前払いによる節税」です。
家賃や保険料、サーバー代、リース料、税理士の顧問料など毎月支払いが
継続することが契約書で決まっている経費は、期末に翌1年分を前払いする
ことで全額を経費にできます。
つまりその事業年度は2年分を経費にできるということです。
この節税の優れた点は事前準備が不要で、思い立ったときからすぐ実行に
移しても間に合うということです。
つまり利益が出そうなことが期末ギリギリにわかっても、その段階から対応
できる数少ない節税なのです。
ただし注意すべき点が2つあります。
まずは実際にお金を支払わなければいけないということです。
これは当然のことのようですが、しっかりと意識しなければいけません。
1年分の経費を前払いするのですから大きな資金の流出になります。
節税に有効だという側面ばかりを意識していると、逆に思わぬ資金繰りの
悪化に陥る可能性があるのです。

もう1点は1年分前払いを毎年継続しなければいけないということです。
つまり翌年は利益が出ていなかったり資金繰りが苦しかったりしても、
同じ時期に1年分を前払いしないといけないのです。
もし今年1年だけの利益ということがわかっているのであれば、十分に
検討しないと翌年に苦しむことになります。こういったデメリットはありますが、
どうせ支払わなければいけない経費を先に払うだけで節税になるという点で、
ムダのない優れた節税と言えるでしょう。

投資型の節税の基本ですので利益が出たときはまず検討してください。

会社にお金を残すために必要な30の節税方法

0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ戻る