節税対策Vol.28 お金は出ていくが自分の会社を守るための保守的節税「 役員が生命保険に加入して節税する」

お金は出ていくが自分の会社を守るための保守的節税
「 役員が生命保険に加入して節税する」

もし!万一!!社長が突然死亡したら会社はどうなりますか?
まず売上が落ちるのは必至です。
銀行からの借入金があれば後継者が払っていかなければいけないでしょう。買掛金や支払手形も当然支払わなくてはいけません、会社を辞める従業員がいれば退職金も支払わなければいけないでしょう。他にも社有車のローン、事務所家賃、コピー機のリース代、・・・例を挙げていけばキリがありません。

また個人では相続税が発生するかもしれません。
残された家族の生活のこともあります。とにかくお金が必要になるのです。
そんなときに助けてくれるのは何か?生命保険しかありません。そういった意味では社長の生命保険は会社を守る節税の中でも、最も優先順位が高いものと言えるのではないでしょうか。

ただしどんな種類の生命保険でも節税に使えるというわけではないのです。
それを次に紹介していきたいと思います。

会社にお金を残すために必要な30の節税方法

0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ戻る