会社設立基礎知識/出資金の払い込み

無料相談 0120-625-990 9:00 ~ 21:00(年中無休) WEBお問い合わせ
MENU
ヘッダーイメージ

会社設立基礎知識/出資金の払い込み

会社設立基礎知識

会社設立 STEP5:出資金の払い込み

定款が無事に認証されると、いよいよ資本金を払い込みます。

定款には、一株がいくらで、各発起人が何株分を出資するかなどを記載しなければいけません。
これに基づいて資本金を払い込むのです。

会社設立 STEP5:出資金の払い込み

このときによく質問されることがあります。
それは「どこにお金を振り込むのか?」ということです。

会社の資本金なので会社の通帳に振り込むような気がしますが、ちょっと待ってください!
会社の通帳は会社設立後でしか作れないのです。

ではどこに振り込むかというと「株主(発起人と言います)」の個人口座になります。

もし株主が自分ひとりでのときは、「自分で自分の口座」に振り込むのです。
ちょっと変な感じですね。

注意点があります。
それは「資本金にしたい金額」をふりこまなければいけないのです。
残高が資本金になるようにするのではありません

例えば、資本金を100万円にしたければ、100万円ちょうどを振り込むのです。
残高が100万円になるようにするのではありません。
それも振込み人の名前が印字されるようにふりこまなければいけません。
よく勘違いされるところですのでご注意ください。

振込みが済むと、振り込んだことが記載されている通帳のコピーが「払い込みの証明」になります。

これとは別に、金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人が記載されたページ
(通常は通帳の表紙を1枚めくったところ)もコピーしておいてください。

「払込みがあったことを証する書面(証明書と言います)」と上記の2つのコピーを
ホッチキスで重ねて留め、会社の実印を押すと提出する書類の一つが完成です。

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る