会社設立・起業情報/便利な法人用クレジットカードが会社設立後すぐに作れない理由とその対策

無料相談 0120-625-990 9:00 ~ 21:00(年中無休) WEBお問い合わせ
MENU
ヘッダーイメージ

会社設立・起業情報/便利な法人用クレジットカードが会社設立後すぐに作れない理由とその対策

東京会社設立・起業情報

便利な法人用クレジットカードが会社設立後すぐに作れない理由とその対策

カード決済に慣れてしまうと、クレジットカードを使えないケースに遭遇したときに、大変な不便さを感じることがあります。

法人の場合も同様です。
法人クレジットカードを使えるといろいろ便利ですが、会社を設立後3年程度は法人クレジットカードを作れないといわれています。
それはなぜでしょうか?そして、なんとか作る方法はないのでしょうか。その対策をご案内します。

便利な法人用クレジットカードが会社設立後すぐに作れない理由とその対策

個人より法人用クレジットカードの審査基準が厳しい理由

個人のクレジットカードを比較的簡単に作ることができた人にとっては、
「なぜ、法人だとそんなに作りにくいのか?」と思われるかもしれません。
なぜ、法人カードの審査基準は厳しいのでしょうか?

その理由は、一言でいうと、カード会社にとってリスクが大きいからです。
法人の場合、一般的にカードを複数枚発行して、複数の社員に利用させるので、カード全体の利用額が大きくなります
また、企業は、常に倒産のリスクがあり、その場合、利用額が多いと、その金額の回収ができなくなるリスクが生じます。
そのため、カード会社も発行先の企業の経営状況体がはっきり把握できるまでカードの発行に慎重にならざるを得ないのです。

では、実際にカードを作るには、どのような条件を満たせばよいのでしょうか?

一般的には3年以上の黒字経営が基本条件

法人カード発行の審査基準はカード会社によって異なりますが、
一般的には3年以上の黒字経営が基本的な条件であると言われています。
つまり、設立してから日の浅い企業は、法人カードを取得するのが難しいことになります。

しかし、法人カードを持つと、さまざまなメリットを享受できます。
まず、カードを個人用と法人用に分けることにより、公私の区別をつけやすくなり、経費管理の合理化が可能となるでしょう。
また、社員がビジネスで出張する際にも便利ですし、なにより資金の効率的な運用が行えるという利点があります。

では、法人カードを作りたいという場合、新しい会社でも発行してもらえる方法はないのでしょうか?

設立後間もなく法人カードを作る方法とは?

たとえば、経営者個人の信用が高い場合、会社設立後3年以内でも法人カードを発行してもらえることがあります。
つまり、これまでのクレジットカードの決済歴が優秀な経営者であれば、100%の確実性はないですが、
カード会社からの信頼が得られて審査に通ることがあります。
また、銀行と法人取引がある場合は、それが経営者の信用アップにつながることがあります。

審査基準が比較的緩やかなカード会社を見つけるのもいいでしょう。
そのようなカード会社の場合、会社設立後1年以内でも、業績によっては審査をパスすることがあります。

このように、設立後3年経っていない会社でも法人カードを作れるケースもあるので、
まずはいろいろなカード会社の審査基準をチェックしてみるとよいでしょう。

参考

会社設立キャンペーン202,000円

お問い合わせはこちら

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る