起業はコンテンツマーケティングを利用する!優良顧客育成法

コンテンツマーケティングを利用した優良顧客育成法

コンテンツマーケティングという言葉をご存知でしょうか?

これは、見込み客を含む広い意味での顧客が「ためになる」と感じるコンテンツをWebサイトで提供し、自社の商品やサービスへの関心をうながして、売上アップをはかる手法です。
顧客にとっての知りたい情報が掲載されているWebサイトであれば、顧客は継続して訪問してくれます。
その結果、顧客は、その企業の商品やサービスに好感を持ち、信用し、他社ではなく自社商品やサービスを購入してくれるようになります。

コンテンツマーケティングを継続することで、「顧客のためになる情報を常に発信してくれる」と、その企業やブランドに高いロイヤルティを顧客は感じてくれるようになります。
この結果、優良顧客が増え、継続的、安定的に売上を伸ばすことができるようになります。

起業にコンテンツマーケティングを活用する5つのメリット

1 従来の広告より効率的!
コンテンツマーケティングは、顧客が本当に欲しい情報を欲しがっている顧客にダイレクトに届けることができます。つまり、不特定多数に情報を発信する従来の広告と違い、自社の商品・サービスに興味がある人に効果的な訴求ができます。

2 ターゲットを絞りやすい!
ソーシャルメディアや検索エンジンの進歩によって、情報をユーザーが取捨選択するようになりました。ユーザーは自分の意思で欲しい商品やサービス情報を探し歩きます。そのため、コンテンツマーケティングでは、ターゲットを限定した訴求ができます。

3 顧客との信頼関係を高めることができる!
コンテンツマーケティングは、顧客とダイレクトにコミュニケーションをとることができます。信頼関係を築きながら訴求できるので、商品やサービスへの理解度が高まりブランドロイヤリティも高くなります。そのため、競合他社の商品と比較されても、差別化ができるようになります。

4 爆発的な情報の拡散可能性を秘めている!
コンテンツマーケティングは、主にインターネットを利用して行います。顧客にとって素晴らしい価値があり、その価値が多くの人にも必要であれば、その情報は、ソーシャルメディアなどを介して口コミで爆発的に拡散することが期待できます。

5 情報分析がしやすい!
従来の広告は、一方的な情報発信のため広告効果の測定が難しいですが、インターネットを利用するコンテンツマーケティングでは、「訪問者の属性」「どんなキーワードに興味を持っているか」「どのページが人気か」「リピート率はどの程度か」などを分析できます。

コンテンツマーケティング成功のために

誰に、どのような情報を、どのように届け、そして、顧客に理解され、共感され、期待して貰えるために、どのようなストーリーで顧客に提供していくかがコンテンツマーケティングでは重要となります。
商品やサービスを使うことが、ユーザーにとってどのように役立つかということを分かりやすく、具体的にイメージさせなければなりません。

まとめ

コンテンツマーケティングは企業がユーザーに伝えたい情報を、ユーザー視点から見て、わかりやすく心に響かせるための手法です。
効果をあげるには、中・長期的な運用が不可欠です。常に提供するコンテンツを見直し、ニーズに合わせて変化させ、顧客と良い信頼関係を築くことが必要です。

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る