コレさえ見ればわかる!電子定款の作成や認証

トップ  >  会社設立に必要な定款を自分で作成できる定款自動作成システム >  コレさえ見ればわかる!電子定款の作成や認証

コレさえ見ればわかる!電子定款の作成や認証

定款とは会社の根本的なルールとなるものですが、作成の様式は通常の「紙の定款」と、PDFデータで作成する「電子定款」のどちらかを選ぶことができます。

電子定款を選択した場合、収入印紙を貼らなくても良いので費用を節約することができます(紙の定款には4万円分の収入印紙を貼ります)

ここでは電子定款を使った定款作成と認証の方法について解説させていただきます。

電子定款で本当に法人設立の費用が安くなる?

上で「電子定款には収入印紙を貼らなくても良いので費用が安くなる」という話をさせていただきました。

一方で、電子定款を行うためにはPDFファイルを作成するためのソフト(Adobe Acrobatというソフト)や、ICカードリーダライタという専用機器を準備する必要があります。

PDFへの変換は無料ソフトでもできますが、会社設立の場合には「電子署名の挿入機能」が必要であるため、Adobe Acrobatが必要になります(同様の機能があるソフトならそちらでも構いません)

Adobe Acrobatは約3万円、ICカードリーダは3000円程度ですから、3万円強の費用が必要になることには注意しておきましょう(すでにこれらの器機をお持ちの場合は不要です)

必要な機器が手元にない場合、紙の定款よりも電子定款の方が安くなるといっても、数千円程度…ということは知っておいてください。

マイナンバーカードを準備する

電子定款には電子署名を入れますが、この電子署名を入れるためには「電子証明書」の交付を受けなければなりません。

さらに、電子証明書の交付を受けるためにはマイナンバーカードとICカードリーダが必要です。

電子証明書の交付を受ける

電子証明書の交付を受ける方法はいくつかありますが、登記所が発行する「商業登記に基づく電子証明書」を使うのがスムーズです。

「商業登記に基づく電子証明書」は法務省のホームページで手続きすることで取得することができます(マイナンバーカードとICカードリーダを使います)

電子証明書付きの電子定款(PDF)を作成する

定款はWordやメモ帳などのソフトを使って作成し、これをAdobe Acrobatを使ってPDFファイルに変換しましょう。

このPDFファイルには先に取得した電子証明書を挿入します。

インターネットで電子定款の認証を受ける

PDFファイルの状態で電子証明書つきの電子定款を準備できたら、インターネットで電子定款の認証申請を行います。

認証申請は「登記・供託オンライン申請システム」というサイトから行います。

事前に利用者登録を行い、サイトからダウンロードできる「申請用ソフト」を使って作成した電子署名付きの電子定款(PDFファイル)を送信しましょう。

公証役場で定款データを受け取る

電子認証が済んだら、実際に管轄の公証役場に出向いて定款データを受け取ります。

USBメモリで受け取るのがスムーズですので、準備しましょう。

公証役場に行くときには、以下のような持ち物を持って行ってください。

  • USBメモリ
  • 定款(紙に印刷したもの)
  • 設立発起人全員の印鑑証明
  • 認証手数料約5万円
  • 身分証明書
  • 印鑑

設立発起人以外の人が公証役場に出向く場合や、発起人が複数人いる場合には、別途委任状が必要になりますので注意してください(電子証明書に署名した発起人以外の発起人の委任状が必要です)

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

起業家の不安を解決して、一緒に成功を喜びたい。

それが私たちの一番の気持ちです。疑問や不安のすべてを解決するためにも無料相談では何でも聞いて頂きたいと思っています。

「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」「融資や助成金制度を利用したいのでサポートして欲しい」 など・・・

会社設立や税金・経営の質問でなくても構いません。仕事の不安や悩みでも、どんなことでも打ち明けて下さい!

無料相談される方の3~4割は相談のみです。会社設立に至らなくても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
氏名必須

全角 (例 : 山田 太郎)

住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・ビル
電話番号必須

半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須

半角 (例 : taro@venture-support.jp)



 

プライバシーポリシーはこちら 

[mwform_formkey key="3255"]
無料相談 0120-625-990受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
無料相談 0120-072-244受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)
WEBお問い合わせ
ベンチャーサポートなら安くてお得な会社設立
クチコミだけで年間800社 税理士変更のメリットとは?
ページの先頭へ戻る